読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

江ノ島散歩

最近どうも思考が暗い!なぜだ!!

そうか、運動不足のせいだ!間違いない!!

 

ということで、自宅から江ノ島まで歩いてみた。

google先生によると大体1時間くらいで行けるとあったが、海岸までは40分も歩いたらついた。

 

f:id:business_and_program:20170227082551j:plain

 

素晴らしい天気。カップルのみならず、家族連れや散歩するご老人、ランニングする人などたくさんいつつ、場所が広いから開放感も失わず。いいとこだね。

 

けど目測を誤ったのか、江ノ島遠いよ?

とりあえず海岸線を歩く。

 

f:id:business_and_program:20170227083355j:plain

 

なんかたってた。

平和の像らしい。ムキムキで、なかなか素敵だ。

 

f:id:business_and_program:20170227083737j:plain

 

サーファーはすごいよね。寒さなんて屁でもない。

海に入っている方が暖かいってのはよく聞くけどね。

 

んな感じでてくてく2時間ぐらい歩いたところで江ノ島へ渡る橋の部分についた。

結構歩いたなーと思っていたら友だちから電話。

今日夕飯時飲まないか、と。快諾。

 

江ノ島の神様にお参りして、そのまま藤沢まで歩いて銀行でオヤジへの振込を済ませ、明治地所で駐車場のカードキーをもらい、帰宅して少し寝た。

いや気持ちよかった。

 

計4時間ぐらい歩き通したので、正月から怠けきってぶよぶよしていた体も少しは引き締まったかもしれん!!

 

 

 

 

 

夕方、友達と台湾料理により肉と脂とアルコールを大量に摂取

よいのじゃ、また運動すれば

お茶とオカルト

ボッサム「なんか変なものが見えるんだけど何だこりゃ?」

のまじ「それはもう一つの世界、魂の方の世界の存在」

ボッサム「なにそれ?あれ、コイツさわれない」

のまじ「そいつには肉体では触れない、こっちにはいないから」

ボッサム「のまじ言ってることわからない」

のまじ「人間は肉体と魂で出来ていて、魂はエネルギーのようなものと意識で出来ている、本当はもう少し細かく別れるけど」

ボッサム「ふむふむ」

のまじ「魂は本来、こっちの世界の存在じゃないけど、肉体に結びついているときだけこっちの世界にとどまれる、それが君や私」

ボッサム「ほうほう」

のまじ「肉体がなくなって魂だけになると、じきにこの世界に重なっている別の世界に移動する、そこは物質のない世界」

ボッサム「じゃ、この変なものはそっちの存在っていうこと?」

のまじ「そう」

ボッサム「へえ、なんで俺こんなの見えてんの?」

のまじ「あなた今、体調くずしてるでしょう、肉体と魂の結びつきが弱まってる」

ボッサム「うへえまじか」

のまじ「家でゆっくり休みなさいよ、そんなの見えている状態はいいことじゃない」

ボッサム「でもさ、みんなそう言うじゃない、見えてないほうが幸せとかなんとか。のまじは昔から見えてるの?」

のまじ「私はそういう家系だから」

ボッサム「なんで見えちゃマズいんだ?」

のまじ「そもそも、魂がこっちの世界にあることは、状態的には不自然な状態。意味があってこっち側に来ているんだけど」

ボッサム「へえ」

のまじ「それなのに、そっちの世界のものが見えるってことは、魂がそっちに引き寄せられて、こっちの世界から離れつつある状態なの」

ボッサム「死ぬってことか?」

のまじ「離れつつあっても、または一時的に離れたとしても、また肉体にひっつくことがあればもとに戻る」

ボッサム「ほう」

のまじ「でも、意識の一部が戻らなかったりすれば、それは困ったことになる」

ボッサム「例えば?」

のまじ「魂が不完全な状態だと、人とは基準が変わってしまう。サイコパスとかきいたことあるでしょう」

ボッサム「あれ、魂が不完全だからなのか?」

のまじ「全部じゃない、それが原因の場合もあるというだけ。その他にも、意識が全て向こうに行けば植物状態になるし、魂そのものがむこうに帰れば肉体はもちろん死ぬ」

ボッサム「マジかよ」

のまじ「いやでしょうそんなの。あなたはそんなことしたくてこっちに来たわけじゃないんだから」

ボッサム「そうなのか、よくわからん、でもなんかもっといろいろ知りたい」

のまじ「知ることも向こうの世界に近づくことなんだよ。変なものが見えてしまったというので最低限のことは教えたけど、これ以上は知らないほうがいい」

ボッサム「でものまじは知ってるんでしょ、大丈夫なんじゃないの?」

のまじ「私は戻ってくる方法を感覚で分かっている。これは生まれつきのものだから教えてなんとかなるもんじゃない。それでも、この力を持ってしまっているせいで、私は多分短命」

ボッサム「ぬう、気に入らん」

のまじ「あきらめて、忘れたほうがいい」

ボッサム「嫌だ、のまじが短命だなんて気に入らん。何とかせんかい」

のまじ「え」

ボッサム「もう向こうの世界のことなんて知りたがらん。俺は帰って寝る。のまじも帰って寝て長生きしろ」

のまじ「……うん、そうする」

 

 

など、電車移動中にオカルトサイトの記事読んでたら頭に浮かんだ

 

 

今日は楽しくお茶をしてきた。

ずっと楽しい日が続くことを望み、そのために頑張る。

DTMなど

DTMやろうとしてダウンロードしてすっかり忘れてた。

Studio Oneというフリーのヤーツ

 

なかなか使いやすく、他のツールを使ったことある人であれば大体直感で行ける気がする。

音もはじめからいろいろ詰め込まれている。初回のダウンロードでえらく時間かかるが。放置して寝てすっかり忘れるレベル。

 

 

練習で、FFで好きだった曲をちょろっと打ち込んでみた。

 

youtu.be

 

やっぱFFはこの頃の曲がいいなあ(オヤジ)

人間に貴賎あり

プロブロガーで稼ぐ、といって新卒カードを捨ててフリーターになる人がいる。

 

「職業に貴賎なし」という言葉がある。
どんな仕事もそれを必要としている人がいて、どんな仕事も差別してはいけない、という意味合いだそうだ。

確かにその通り。職業に貴賎はないのだろう。

 

逆に、そんな感じでフリーターを満喫している人が
「正社員になるなんて、承認欲求を満たしたいだけ。会社員なんて時間の切り売り!俺みたいに自由に楽しめるほうがウェイウェイ」
みたいな事を書いている記事を読んだ。

いやまあそうかもしれないけど、事更に会社員を恨む・馬鹿にするような内容を見てちょっと引いた。


で、少し考えさせられて、「職業に貴賎なし」という言葉を思い出したんだけど。
職業に貴賎はないが、人間に貴賎はあるな、と。


自分以外の人のことを、その人の気持ちになって考えられるかどうか。
その人のことを思った行動ができるかどうか。
これができる人はデキた人間だ、というのは皆異論はないと思う。

 

初めて社会に出たとき、勘の良い人は、集団で行う仕事は人間関係が一番重要だという事にすぐ気づく。
そして、人間関係の要は「相手が嬉しいと思うことをする」「相手が嫌がることを押し付けない」ということだと理解する。

 

その方法はいろいろ。
本当に、心底その人のことを思って行動する。
上辺だけ取り繕って行動する。
なるべく人間関係を築かない。

 

結果、いいように使われてしまう人もいるだろうし、狡猾に美味しいところだけ取っていく人もいるだろう。


ただ、そもそも人とコミュニケーションを取る場所にいないと、そんな感情さえ育たないと思うんだよな。
必要ないから。

会社員になるということは、よほど特殊な環境でもない限り、人間関係を構築せざるを得ない状況にブち込まれる。
そういう場所を避けてばかりいると、相手のことなど考えていない行動ばかりするようになってしまうのかなあ。
悪気もなく。


尻切れトンボだが、そんなことを考えてしまった。

昔のこと

今は無き池袋のボビーズバーで教えてもらったシングルモルトの味。

20代前半、いつも帰る時間は早くて22時過ぎ。

遊ぶ時間もほとんど無く、ほぼ毎週土日出勤していた。

 

金曜・土曜の夜、ちょっと一杯。一人で立ち寄れる場所がそこだった。

0時過ぎにバーに行くことも度々。

 

店主のボビーさんはいつも優しく、いろいろな酒を教えてくれた。

アホみたいに辛い特別製ブラッディ・シーザーも作ってくれた。

 

「まだ飲んじゃダメ」目の前でギネスをいつもおあずけ。

泡で作ったクローバー模様が消えるまで、一人で行く俺は手持ち無沙汰にしたもんだ。
しょうがないのでいつもナチョス食ってた。

 

ウィスキーが好き、といったら、いろいろなシングルモルトを教えてくれた。

その中でもCaol ila(カリラ)というのが一番好きになった。

12年モノであれば、成城石井でも売っている。ちょっと高いけど。

 

バーなので、シングルモルトはシングルで大体1000円。

16年とかだと2000円くらい。

30年だと1万円するものも。ちょっとだけ飲ませてもらったこともあるけど、「美味しかったという感想」しか憶えてない。

 

週に一回は必ず行っていた。

毎日があまりにも虚しかったもんだから、大体閉店(2~3時頃?)までグダグダと。

一回で2万円以上飲んだこともあったような。

 

そこそこの上客だったのか、帰らないしつこい客として認識されていたのか。

ボビーさんには閉店後に一緒にカラオケに連れて行ってもらったり、行きつけの店でシシケバブをごちそうになったこともあった。

刹那的だったけど、楽しかった。

 

 

20代後半になって、たまに家でもシングルモルトを飲んだりしてた。

俺はあまり家で飲む人間ではなく、飲まない日がほとんど。

それでも、一人でも飲みたくなることはある。

ボビーズバーはずいぶん前になくなってしまった。

 

給料日後などのお金に余裕のあるときはカリラや白州、それ以外のときはもう少し安いシングルモルトを買って飲んでいた。なんでもないときも、特別でないときも。

大体、一晩で瓶の半分くらい飲んでたか。

 

やっぱ虚しいときだったのかなあ?

結構フラフラになるまで飲んでた気がする。家で一人で。

 

 

 

 

 

 

今は家で飲むとしたら、1000円未満で買えるトリスやブラックニッカ。

余裕があっても角瓶とか。

シングルモルトは、「同僚と・友達とバーに行く」「親父と家で飲む」などの特別な時しか飲まなくなった。

あんま「一人で飲む用」として買う気がしない。大好きなんだけど。

 

 

特別な時以外に飲むのがもったいなく感じるようになった。

なんだろう、一周回ってみたいな感じか?

一人で飲む=酔いたいだけの時、いつからかそう認識したため、シングルモルトじゃもったいないんだよな。

 

ただ酔うだけなら安いので十分。ハイボールにすればそれでもうまい。

角瓶なんてストレートでもロックでも十分うまい。ちょっと甘くてねっとりすぎるけど。

 

一回ビンボーを味わったからなのか、金の使い方が少々マシになったからなのか。

この心境の変化はよくわからない。

前者は結構ある気もする。後者はないか、今でも思い切った買い物は多いし。

 

 

少しは虚しさを飼いならせているのか、更に良くない深みにハマりつつあるのか。

 

 

 

 

……なんか退廃的だな、アカンアカン

そんなときはtanasinnでも見つめてフワフワしておこう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【今日のまとめ】

・カリラ美味しいです。ノンベの親父に買っていったら「お前が全部飲んでいい」って全否定されたけどな

tanasinnってGoogle日本語入力で「たなしん」から変換出来ないのをはじめて知った

・そろそろコンビニのおねーちゃんに「いつも安ウィスキー・ロックアイス・ウィルキンソン炭酸買っていく中年」として憶えられている希ガス

・ウィスキー飲んでいれば太らない、はアマチョフ

・明日もまた頑張れるのであろう

 

以上

俺が7年ぐらいで1000万くらい貯めた方法

誰かの為になるかも知れん。晒しておこう。

 

【スタート】

・30くらいの歳で色々あって貯蓄ゼロ。むしろ微妙にマイナス=借金持ち

 (数万レベル。と言っても一人暮らしで返済はキツかった)

 同世代の平均貯蓄額と自分の現状を見比べて吐き気をもよおす。

 

・何とかしよう、せめて年に100万を貯めよう

 少しぐらいきつくても、いやキツいくらいにしないと貯まらん

 と決意し、月々5万、ボーナス月20万の財形を組む

 

【始めてから数年の間】

・遊べない

・それどころかたまにマジで生活資金が足りなくなる

・昔はしょっちゅう飲みに行っていたが

 とてもそんな資金は捻出できず

 誘われても忙しいフリでごまかす

リーマンショックでボーナスもほぼなし

 可処分所得がゼンゼン増えない

・引っ越したくても財形を除いたら資金なし

 財形下ろせば動けたかもしれないが、考えないようにした

・たまに計算を間違えて奨学金が引き落とせなかったりした

 (後日払った)

 実家に通知が行ったため、ごまかすのが辛かった

・たまに来る財形の貯蓄額を見て「まだこれだけか」とがっくりする日々

 やはり考えないようにした(むしろ10年後を夢見た)

・マジでこのころが一番辛かった

 正月および友だちの結婚式がある月は地獄

 (甥っ子姪っ子多すぎてメンツ保ったかわりに持ち金ゼロとか普通にあった)

 

【数年後】

・ボーナスがまともに出るようになり、多少余裕が出る

・派手に遊ぶことは出来ないまでも、可処分所得が増える

・財形は順調に増えていく。銀行からの通知が結構楽しみになる

・突発的な収入(会社の業績に大きく左右される年度末賞与など)で

 思いもよらず金が入るなど、財形以外の貯金もそこそこ貯まってくる

  → これが精神的にかなりホッとした。

 具体的には財形以外の貯金が100万を超えたあたりが境か

 何かが起きても一発ぐらいは何とか耐えられる金額

・なぜかあまり貯金が減らなくなる

 (そう感じていただけかもしれない。

  やはり二桁万円以下だと「残りこれだけか」という感覚がリアル)

・余裕ができたため、給与が上がるたび、財形の額も増やしていった

・親戚間や大事な人間関係での出費は驕らず怠らず……

 と思って頑張ったけど結構むずかった。だが勉強になった。

 とても重要と感じる。

 

【今】

・なんか気づいたら1000万超えてた

・俺は博才ないので運用などは一切していない

 人から見たらもったいないのかもな、でも今後もする気ない

・車買っても一応1000万くらいはある、のかな

 

 

まとめると、俺がやったことは

・使わない(むしろ使えない)

・自分の能力がそこそこ使える場所で働いて稼ぐ

・(新しい)借金はしない

 

以上

……書くほど特別なことはしてねーな。

ほぼほぼ会社からの給与のみでいけた。

 

運がよかったかもしれない。

ただ収入は会社からの給与のみだったので、

 

・給料が保証されないような変な会社を選ばない

・自分の適正に合った仕事(俺の場合はプログラミングとSE)を選ぶ

 

という程度のサイコロ操作はした。それ自体も運と言われればどうしようもないが。

 

あと、借金があると、人間ほんとうに窮する。

物理的にだけでなく、精神的にもかなりクる

(なぜか何も感じない人もいるみたいだけど……

 周りにそういう人が一人いるのでちょっと驚いている)

 

返せるあてがあるのなら死ぬ気でまず返して、どうしようもないときは一旦破産してでもゼロに戻したほうがいいのかもしれない。

俺は破産の経験はないから軽くは言えないけれども。

 

浪費による借金を諌めてくれる人がいるならその人を信じ、借金を勧める人、誇るような人からはなるべく離れておいたほうがいい。

 

俺は借金の相談は誰にもできなかったが、実家が貸し借りに対しては厳しい家だったので、「借金は良くないこと」という意識がずっとあった。

それが結果的に借金を諌めてくれる人の役割をしていた、と思う。

借金は辛くて惨めだった。

 

 

もし万が一、藁をもつかむ思いでこの文を読んだ人がいたら安心して欲しい

借金を何とか清算し、毎月給料が入ってくる状態であれば、なんとかなるもんだよ。

どうしても歳はとるけど。

絶望に囲まれながら、ヤケにならなかった自分を今は褒めてやりたい。

 

 

しかし今まで生きてきた感覚からすると

1000万なんて使い切ろうとしたらあっちゅーまに溶ける

 

無駄に使わず、必要なものだけ買う

踊らされない

自分から踊るならしょうがない、許容範囲内でなら楽しむことも重要

 

でもま、今は踊る気もなし

当分また貯め込むか

 

 

 

100億くらい欲しいな、誰かくんねーかな(懲りてない)

雑感

なんかボーッと考えたこと

 

ADHDとか

本当に困っている人がいて、もしくは重篤な状態で、薬で困っている部分だけ抑えられるというのであればそれはそれでよい、ということを前提に。

 

生活にそんなに困っていないけど、もっと良い人間になりたいなあ、と思っているような人。

ちょっと不安になるようなフレーズで、「もしかしたらあなたは病気かも?薬を飲んだらもう少し良くなるかも?」と誘ってくるような広告

 

うつ病の薬もそうだけど、精神に作用する薬を服用し、全く別の状態になってムキムキ動けるようになり、

 

それってその人自身なのか?

戦闘をしなければならないので腕を切り落としてマシンガン装着する、っていうのと同じではないか?

眠くてたまらない状態で覚せい剤を打ってハッスルするのと何が違うのか?

 

わからん

 

 

■ 言い訳

上の考えはあくまでも「必要のない薬を無意識に服用する・させる」ことへの嫌悪感からで、服用しないと死ぬかそれに準ずる苦しみを味わうような人には当てはまらない。

 

ただ、「死に準ずる苦しみ」は人によって違うので、この場合はこう、というのは一般化できん。

それを外の人が判断することも難しいだろうし、そうでもない人を煽ってそういう人にする広告は嫌だ、という気持ちから浮かんだ考えだろうな。

という言い訳。

 

 

■ 宗教、偽霊媒

人の不安を煽って集客するタイプの広告は大嫌いだ。

同じ手を使う宗教の勧誘、霊媒師、占い師も。

 

昔、友達の姉が交通事故にあい、植物状態になった。

友達は創価学会の人に「あなたがちゃんと信心出来ていないから、お姉さんが身をもって教えてくれたのよ」と言われ、ガチガチの創価学会の活動家になった。

自分の姉の話をしながら俺にも勧誘、他の友だちにも勧誘。さんざん集会所に連れて行こうとされた。実際行ったけど。

植物状態の姉のことを引き合いに出されて、無下に断ることなんて出来るかい。最後は断ったけど。

 

高校生で遊びたいざかりのときに親は姉につきっきり、祖母とも住んでいるし家のことを何とかこなさなければならない

「なんで俺がこんな苦労をしなければならないんだ」

そんな心のすきに付けこんだ手口。

 

宗教も個人の問題だから、それで人が救われればいいと思うよ。

 

でも不安を煽ったり「おまえのせいだ」とありもしない濡れ衣を着させて、それしか考えられないようにする手口は本当に嫌いだ。

 

 

今でも公明党に入れさせようと選挙のたびに電話してくるそいつに、

「俺は俺の入れたいやつにいれる。俺はそれでいいと思っているし、俺が選ぶ人間を信じられないというのはお前が俺を信じていないってことだ。お前は俺を信じられないのか?」

と怒鳴ったこともある。

 

しつこい勧誘に、一度「勧誘を続けるならもう縁を切る」とまで言ったこともある。

 

人間関係を破綻させるくらい、人の心を蝕む洗脳の手口、大嫌いだ。

 

 

■ ちなみに呪いとか

呪いってあるというか、認めざるをえないというかね。

誰だって街なかで名前を呼ばれれば「お、呼ばれた?」って振り向くでしょ。

名前という「呪い」がかかっているからだね。

 

という説明を何十年も前に聞いて、なるほどはーまあそういうものなのかもねーと思っている。

京極夏彦とか陰陽師とか大好きですハイ。

あと宜保さんの笑顔も大好きです。

細木数子は顔と態度が大嫌いです。

 

炎を出したり雷撃ったりというファンタジーな魔術は信じないがいつか誰かファイガとかイオナズンとか実演してくれないかなとは思っている。もちろんマジモンの魔術で。

 

 

そういえば去年の旅行先で、レストランのスタッフが焼肉の火をつける時に小声で「メラゾーマ」と言ったのがウケた。あれは良い魔術だ。

 

 

 

彼女(元)はシラケてた

 

 

 

■ なんでこんなこと考えてんのかなあ

多分、実生活がヒマだから。

昨日はそれなりに楽しかったけどな。

 

そういえば、刺激が欲しくて、就職してから買ってなかった車を買ったZE!!

大学時代はいとこのおばさんからいただいた軽に乗っていたけど、東京に行ってからはとても車なんて持てなかった。

 

藤沢なら持ってもギリ大丈夫。

よく飲むようになった地元の友達が「車で伊豆にいって刺し身食ってきた」と言ったこと、友だちの車でよく移動するようになったことなどがトリガーになり、勢いで買ってみた。

 

納車が3月初旬、今から楽しみだ!

 

■ 車買ったあとの予定

寒川神社でお祓い

・ナビ買う

・お墓参りする

・伊豆行って伊勢海老の刺し身を食う!!!

・せっかくだからキャンプにでも行く

・せっかくだから星空のよく見えるところに行く

・せっかくだから夜景のきれいな場所に行く

 

 

……一人だとアレな予定がアレアレア

よし、掃除して散歩でもするか