読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

記憶が記録されている場所はどこ

最近、原子1個で1ビット、切手大に数テラのデータを記録できる技術、なんてニュースを見かけた。

技術の進歩というものは本当に限りがなく、すごいなあと素直に思う。

そのうち今度は電子1個に1ビット、もっと小さい何かに1ビット、ってなっていって、限界まで小さい単位に1ビットをのせられるようになったとき、ある科学者が
「最新の実験、検証の結果、人間はもともと全身の細胞でこの最小単位の情報処理能力を持っており、我々の記憶、思考、行動は、すべてこの最小単位の情報処理をもとに行われていたことがわかりました。我々は遥か太古から、最先端の技術をしのぐ能力を持っていて、何の気なしに駆使していたんですね。人間とは、ただその存在だけで偉大だったのです」
「今までわからなかった、我々の記憶の保管場所も判明しました。説明しましょう。基本的に、全身で覚えています。細胞を構成する原子の電子のもっと小さい構成要素に、この情報処理能力を用いて記録されており、量子テレポ的な形で身体中に伝達されているのですが、たまに、この伝達の拍子に、他の物質や生き物に移る時があります。それが幽霊だったり雰囲気だったり引き寄せの法則だったりデジャブだったり愛だったりアカシックレコードだったりするのですねおそらく」
とか言い出したら面白いのに。