読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

ポケモンGOじゃねーだろ、お前だよお前

ポケモンGO ゲーム 女神転生 真・女神転生

お題「ポケモンGO」

 

先日のバーベキューの時、友達がポケモンGOの登録方法を聞いてきた。

俺やってねえんだけどな、と思いながら、何が知りたいのか聞いてみると、どうやらGoogleアカウントが必要で、そこから中々進めていないようだった。意外と俺ら世代の普通の人はこういうところで詰まっちゃったりするんだよな。

 

とりあえず適当にアカウント作成の方法だけ教えたら、これで姪と遊べる!と言って喜んでいた。よっかたよっかた。「これどうやって捕まえんの?」知るかボケ。

 

さて、巷ではポケモンGOが相当流行っているようで。

俺は全然ポケモン世代ではないので、ちっとも興味を惹かれないんだが、ちらほらゲーム内容を目にするにつれ、なるほど流行るゲームの要素をちゃんと持っているんだろうなあ、という感想を持った。

すなわち、魅力的なコンテンツ(モンスター自体)と宣伝力(強力なIP、それだけで特別な宣伝は必要ない)、このふたつを何もしなくてもポケモンってのは持っているわけだ。

 

そんなことはどうでもいい。

 

現実と隣り合わせのAR、すなわち拡張現実。そこで繰り広げられるモンスターとの戦い。

 

おい、ポケモンなんかよりもっとふさわしいゲームタイトルがあるじゃあねえか。

 

 

おい、お前だよお前、アトラス。

お前の「女神転生」、何よりも設定がソレ向けじゃねーか。

お前の作った真・女神転生にハマってからナンバリングは全てやっているんだ。

4つしか出てないけどな。

ペルソナは1で力尽きてその後はやってないけどな。

 

 

4もファイナルはそこそこ面白かった。でも違うんだよ。

真・女神転生の1と2のような、どこか儚くてどこかいい加減でどこか荒っぽいけどどこかリアルで不気味、そんなゲームをもう20年以上待ってんだよこちとら。

3も面白かったし、高い金だしてマゾヒスト、じゃなくてマニアクスも買ったよ。大満足だったよ。でも違うんだよ。真・女神転生の1のような、どこか古臭くてどこか投げやりでどこかバランスわりーけどどこか現実味がにじみ出てる、そんなゲームをもう20年以上待ってんだよこちとら。

 

ハンドヘルドコンピューターがスマホって形でもう現実化してんじゃねーか。真・女神転生の世界観、いつ実現させるの??今でしょ!

 

目では見えないけどモニター越しには存在している、そんな不気味な存在を今なら再現できるだろ!何やってんだよ!倒産している場合じゃねーだろ!!

 

魅力的なコンテンツ!

ピクシーやティターニアやジャックフロストやベルゼブブや閣下やアズミや鬼女郎や茨木童子やサラスバティやパールバティやガキやチンやケルベロスやオニやスライムやテンプルナイトやナジャやオルトロスや四天王やアスタロトやイシュタルやミカエルやウリエルやラファエルやガブリエルやルカールサやエルフやサラマンダーやノームやウンディーネやシルフやエアロスやフレイミーズやアーシーズやアクアンズやクー・フーリンやノッカーややくざやちんぴらなどなど、山のごとく抱えてるじゃねーか!

 

宣伝力!!……ねーなアトラス!!

でも最近、バナー広告で頑張ってるじゃねーか!世界樹とか言ってる場合じゃねーだろ!!

新作!新作作れよ真・女神転生の!!クリシュナがギャングとかいちゃもんつけられている場合じゃねーだろ!!

まだ行ける、まだ頑張れるだろお前アトラス!!

あの頃の俺が感じたあのアトラスっぽさ、それを待ってんだよ!!

抜けたスタッフ一時的にでも呼び戻してがんばれよ!なんとか頑張れるだろお前ならアトラス!!

待ってんだよ!お前の真・女神転生を今でもずっと待ってんだよ!!!!

 

 

 

真・女神転生GO(仮)マニアクスクロニクル、楽しみにしています。