読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

諦めと決心と多少の後悔

ちょいと今日の昼辺りまで、今のきっつい勤務状況をなんとか周りが汲み取って手伝ってくんねーかなとか思っていた。

 

ただの社員が、自分のせいではなく、えらくいかつい仕事をするはめになっている。

部下が突然、家の事情で社に来れなくなったせいで。

そうなったとき用に対処法を用意しておかなかった、という点では自業自得、とも言えるわけだが。が普通、部下が突然いなくなった時の用意とかしながら仕事するかね?仕事を任せられるような優秀な部下が突然いなくなることなんて、考えながら仕事できるかね?

 

ま、そんなふうに考え、「誰も悪くないけど俺も悪く無い!俺だけが苦労するなんてなんかおかしいぜよ!」とか思い、「さあ俺を助けるがいい役員どもよ!」という感じで仕事していたわけだが、直近の部長以外だーれも助けてくれない。

 

当然だわな、他の人間もみんな自分の仕事持ってんだもん。

 

多分、ギャーギャー騒げばもう少し周りに無理させて、俺の手助けをしてもらうことも出来そうな気がする。てか、あまりにも物理的に無理だったら流石に頼む。

 

だが8月下旬、俺は夏休みを2日取得する予定だ。今の彼女と初の旅行だ。

さすがに人に仕事を押し付け、自分だけ休んで楽しい旅行へは行きづらい。しかしキャンセルは俺的に絶対にありえない。キャンセルするぐらいなら会社やめる。

なので、とりあえず無茶だが、ギリギリ出来るところまでは自分で仕事を片付けることに決めた。

なーに、1、2年に一回はこういう時期が今までもあったもんだ。なんとかなるさ。

 

しかし、自分の過失ではなく、部下が一人減ったのだから、普段からサボらずにまじめに仕事をしているというのであれば、部下がいる時と同じノルマをこなすことは、本来は無理な話のはずだ。

当然サボれるときは最大限サボってるけどな。

「現状は、本来無理な状態」この点はしっかり主張していかなければならないだろう。今回、ノルマをこなせようがこなせまいが。

 

言わないと多分、上の人はこの簡単な理屈に気付かず、さらに俺が超絶技巧で部下未使用のままノルマを達成しようものなら「お前はすごいなー」くらいで構造的な欠陥を認識することもなく、また来年・再来年あたりに俺と同じ思いをする人間が出る。もしくは俺が同じ思いをする。前もしたし。

 

解決策(と言えるかどうかはわからないが)としては、

・評価をする際、売上の他に、どれだけ部下を使ったか、また部下を使えない状況じゃなかったかをちゃんと判断基準に入れてくれと何度も言う

・人足りね―ときにどう切り抜けるか、そこそこの解決策(んなもんあるのか)を会社側でも取り決め、実施しやすくしてもらう

くらいだろか。

 

ぶっちゃけ、営業職でもないので、数字だけで評価されていないことはわかっているし、いろいろと内情を加味し、評価されているだろうこともわかっている。

だがそれだけに、ちゃんと訴えていかないと、評価の結果も「その時の上司の気分」だけで結構ゆらぐ。

 

また「不意に人数が減った場合の対処方法」を会社に経験・意識・勉強させることも重要だろう。この辺りはさっさとちゃんとしてくれないと末端がマジきつい。

俺は出来る人間だからこなすけどさチクショウ。疲労で死んでしまうわ。もう終電に乗りたくないわ。

 

 

ま、なんにせよ、今回は頑張ると決めたのだからがんばって行くしかない。

また何とかこなして、会社ででかい面してやるわコノヤロウ。もっと金だせコノヤロウ。年度末は働かねーぞコノヤロウ。

 

 

旅行が楽しみだ。