読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

仕事に殺されるわクソが

フラストレーションがたまって仕方ない。

 

ここんとこ、帰り道で必ず軽い過呼吸起こすようになっちまった。悔しさで。

原因は100%仕事なんだが。

 

部下が一人いればこなせる仕事を、部下がいないからという理由で手放せと、今日言われた。しょうがないのかもしれない。

 

他の部署を見れば、少ない仕事をシェアリングしてみんなで早めに上がりましょう、みたいにやっているところもある。すこし詰めてもらって、PG書ける人間を一人出してもらえるだけで、仕事を渡すことなく、無理なくこなせるはずだ。それを全然してくれない。

 

仕事を渡すのはしょうがないかもしれないが、それだって説明や切り分けのコストが発生するし、そう楽にならないことがわかっている。でもそうしないと受け取ってもらえない。楽なこと以外は引き受けようとしない。受け取るなら何もかもスパっと持って行けよアホどもが。いらねえよ営業費なんて。

 

手としてはどんなとこがあるだろう。

 

1.言われたとおり、仕事の切り分けを行って、楽な部分だけ持ってってもらう

(めちゃくちゃ癪だ。売上は持ってかれるし引き渡しのコストでこっちはほとんど楽にならないし、それでいて変な負い目も出来る。おまけにゲストモードの他部署の人間の働きを既に過去に知ってしまっているので、信用ならん。あんときも貫徹続きで死ぬかと思ったわ)

 

2.上司からの提言を突っぱねて、一人でこなすと言い張る

(上司とは一時期、完全に不仲になるだろう。もしかしたら修復不可能になるかもしれない。仕事だって完全な状態にはならないだろう。何よりもキツい。俺が倒れたら仕事は全部パーになるだろう。客にとっても優しくない、責任感のない選択なのかもしれない)

 

3.俺がやめるか、人を一人どっかの部署から調達するかを上司に迫る

(ヘタしたら転職か……35超えた身にはキツいか。だが多少考えておいたほうがいいのかもしれない。人を調達できたところで、上司との不仲度は上記を圧倒するだろう。おそらく役員全員との不仲も)

 

4.心療内科に行って診断書もらってサボタージュ

(こういうこと考える人間がいるから、本当の鬱病の人が偏見で苦労するんだな。でも今なら診断書もらえる自信はある)

 

正直、一旦は承服したものの、1案は拒否したい。俺のノルマが減るわけでもないし。

1の改案として、部下が付けられないなら物理的に不可能な今のノルマを再考してもらう、とかか。でもうちの評価はノルマだけじゃない。心証も重要な判断基準だ。適当だから。結果的に考えて、ノルマ減少はあまり意味が無い。

そう考えると、2が一番現実的な気もする。上司が納得するかどうか。俺の体が持つかどうか。仕事終わんなくても旅行には行くけどな。

 

ブチブチ書いたが、ぶっちゃけ1案で売上が減ることはそこまでネックじゃない。癪だけど。

面倒なのは、渡したはずの仕事に時間がとられることだ。仕事の切り分け?それを再度引き取って責任持つのはこっちだろう。生半可で仕事されても迷惑なんだよ。

「でも聞かなきゃわかんないし」そりゃそうだろうよ、こっちだってそれがわかってるから聞かれりゃ答えるし資料も説明するわ。客に悪い人はほとんどいない。出来るだけいいものを作り上げて渡せるよう、俺はいつも尽力しているつもりだし、そうしたい。

で、俺はどこが楽になるんだ?

 

客との微妙なやり取りやプログラム上のハックまで事細かに教えなきゃ、そりゃ完璧な引き継ぎは難しいだろうよ。でもソレが出来るくらいの余裕があるなら、もとから他人に任せてなんていねーんだよ。

それぐらい設計書とコード内容そして客から読み取れる人間以外、完璧に仕事を受け取ることなんか出来ねーんだよクソどもが。

 

上司は「しょうがないだろ、他にどうすりゃいいんだ」とよく言う。

しょうがないから俺がキツいのは諦めろ、というのだろうか。しょうがないから俺のノルマ達成(=ボーナス)は諦めろ、というのだろうか。しょうがないから部下が急にいなくなったのは自分のせいだと思え、というのだろうか。人を渡せよ。

どうしようもなくなっている上司の気持ちもわかるから、中々そう問い返せない。

 

でも本当にどうしようもないのか?

部下がいなくなったのは部署や会社のせいではない。もちろん、そうなった時に仕事が溢れてしまうような体制をとっていたのは、俺や部署にも責任がある。

 

しかし、そういう体制で良いとしてきた会社にも、同様の責任があるのではないか。

とてもではないが、いつでもワークシェアなどしていたらノルマなど達成できない(現に他部署は達成しないことが多い、したとしてもギリギリ100%、うちの部署ばかりいつも110%超え、もう一つの部署などはいつも赤字を垂れ流している)。

 

仕事はいつでも量&スピード重視。

全部来たら到底請けれない量の見積もりを提出して、有機的に空いた時間を見繕いながら打ち合わせ・設計・コーディングして、複数プロジェクトをなんとか部下とやりくりしてきた。そのやり方を褒めあげて来たのは会社ではなかったのか。

 

会社の責任があるのであれば、役員間で話し合って、会社全体の問題として対応してくれてもいいのではないのだろうか。人を出せよ。

今のやり方がまずいというのであれば、今のやり方を行わなくても会社も社員も稼げる構造を考えなければならないのではないか。人ださんかコルァ!!

 

 

あーあ、結局愚痴かい。

 

 

今、今後のことは考えにくくなっている。忙しすぎてそれどころではない。

周りを見れば、残っているのはいつも俺だけだ。

 

 

ああ、旅行が楽しみだ。