読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

挑戦という名の現実逃避

リアル仕事で忙しくなると、大抵、別のことがしたくなる。

絵を描く、趣味プログラミングする、作曲する……

確かこの行動、名前ついていたよな。忘れたけど。

名前が付いているくらい、みんなおんなじ行動を取るっていうことなんだな。

 

今回はなんとなく趣味プロに心惹かれているが、いつもと違って「作りたいもの」が思い浮かばない。歳か。

 

ポケモンGOが流行っているらしいので、AndroidでちょこっとGPS使ったプログラム書いてみたが、そこで「さあ次どうしよう?」と止まってしまった。

 

昔は「こんなゲームが作りたい!」みたいなのが先にあって、調べながらなんとか汚いコードを組み上げて、出来上がった時には「ああ、これこういうふうに整理したほうが次使いやすいや」なんて孤独なリファクタして、出来上がったものをWebにアップして満足して、の繰り返しだった。

 

やりたいことの実現のために、調べて、組んで、動かして、更に調べて……

このループ自体がものすごく楽しかったから、寝る間も惜しんで組んでいた。

 

作りたいものを最後まで作り上げることが、自分のちからの底上げに大きく貢献することは、これまでの経験で強く感じている。

そして、しかし自分の能力アップにはなるけど、出来上がったものは大抵、自己満足でおわることも。

 

最近はプログラム組むことには苦労しないんだが、アイデア出しでいつも詰まる。

企画力が無いのかな、とか弱気なことも考える。

 

今も調べて作ることの面白さは全然いろあせない。

ただ最近、「作りたいもの」がキレイに思い浮かばないようになった。

 

常々あたらしい企画を生み出し、またそれが自己満足ではなく、大衆の求めているものを性格に射抜かなければいけない、という点で、企画っていうのは確実にフツーの人とは一歩違った才能が必要だよなあ、なんて言い訳めいたことも考えてしまったり。

 

……とか書いているうちに、なんかこんなの面白いんじゃないか?というアイデアがなんとなく湧いてきた。

全然とんがった内容じゃないけど、しかも今時ローカルで完結しそうなネタだけど、ちょっとまた組んでみようかな。すこしやったことのない要素もあるし。

サーバーを使わなくても動く内容はそこそこいい傾向。俺的には。

 

自己満足だろうが、楽しいことは重要。

むしろ好き勝手出来るのは、企画が仕事じゃない人間の特権とも言える、とか強がってみたりする。

金を目的にしないでPG組めるのは、よく考えると、だいぶ幸せな部類だよな。

 

あ、でも寝不足で頭痛気味だから今日はそろそろ寝よう。

明日会社行く間に構想をまとめよう。

そう、明日も出勤だ。アー