読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

太田胃散とアクリル絵の具

アクリル絵の具 絵の具 太田胃散 サボり ポケットゲーム

久々にアクリル絵の具を使った。

 

絵を描いたわけではなく、太田胃散の箱を細工して小さい箱に作り変えたヤーツに色を塗ったのだ。

 

不透明な青で下地を作って、その上から透明のパール的な水色、黄緑、明るい紫などを重ね、最後はマットな仕上げ材を塗って完了。

結構キレイに塗れた。元は太田胃散の箱なのに。キラキラ輝き、まるで宝箱。

ちょっと渋さがたりなかったか。

 

きっかけは、ポケットゲームのコマ入れがないと思ったこと。

こんどの旅行用に、ハンズでポケットゲームを買ったのだ。

しかし、付属のコマがバラバラとしている。ボード内に無造作に管理するタイプだった。

ゲーム中、全てのコマを使用するわけでもないので、コマをしまっておくための箱もあってしかるべきであろう。

 

そう思った時、目についたのが机の上の太田胃散。

酒に必ず内臓をやられる俺にとって、10年来の戦友だ。

 

「俺の家を使っていいんだぜ……なに、俺とお前の仲じゃないか」

そうか、そこまで言うのであれば、貴様の家を使わせてもらおう。

 

 

そんな流れで作りはじめたコマ入れ、もうヤバイな。

紙でできた箱を切って、貼って、組み立てて、色を塗り、仕上げする。

こんなレベルでも、何かを作るのは楽しすぎる。

 

遁走の先に、この楽しみがあったからこそ、今日もイライラの地からさっさと引き上げてきたのだ。

引き上げた先には楽しみが待っている、そう思ったから。

ああまさに遁走、まさにサボり

 

仕事をほっぽらかし、帰ってただ寝るのではなく、もっと楽しいこと、好きなことを行うというこの背徳感、裏切った感が、ストレスですり減った俺の魂をぐんと回復してくれる。

そして思っていた以上の仕上がりとなった時の、この何というか、俺天才感?

ちょー気持ちいい。

 

端材が残っているから、木で箱を作っても良かったかな。

でもおがくずの片付けが結構たいへんなんだよな、一人暮らしの部屋でやっちまうと。

サンドかけると、なんかしばらくは妙にほこりっぽくて肺に悪そうだし。

カンナは削りカスがサンドの比じゃないし。

実家は庭があったから良かったんだが、都会の一人暮らしはこういうところが不便だな。

 

早く都会から逃れ、もう少しスペースの取れる土地で暮らしたいな。

彼女さんと一緒に。