読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

現実逃避

ライクアエンジェル

FF外伝

聖剣伝説

 

のテーマ曲(カートリッジをゲームボーイに差し込んではじめに流れる曲)ってハ長調?打ち込み楽だわね。

やったのは2まで。ナーシャ・ジベリは神。

 

なんだかんだ言って思い出補正が最強なんだろうけど、この頃のゲームの音楽が一番好きだし、プレイもこの規模が限界だな。

 

『頑張れば』『短時間で』『最高の楽しみを味わえる』

『音楽は』『最高』

『たまに(大方)』『クソゲー

 

この頃のゲームクリエイターの話を見ると、ドロップアウトしてゲーム業界に入った人ばっかりなんだよな。

全員が全員、そうじゃないかもしれんけど。アニメの世界もそうだっけ。

(漫画はそういう人が少ない感覚)

 

音楽家として生きたかった人。実写の映画を作りたかった人。

 

ファミコンが流行った頃。当時はテレビゲームなんて、子供のための下卑た遊びでしかなかった。

親はゲームばかりする子供をもの凄い勢いで叱りつけた。

過去、小説を読んでは怒られた記憶を思い起こしてか、または封印してか。

 

ゲーム会社は「ゲームは一日1時間」などの標語を作って、なんとか親に取り入ろうとしていた。

 

その後、ゲーム・漫画・アニメは日本のエンターテイメントの最前線(の一部)の担い手となった。

一流のプログラマイラストレーター、音楽家、そして高学歴の人間。

そんなのを囲って、今なぜか停滞している。

 

技術が複雑化すると、表現するための手順も指数関数的に増えていって、何かをするためのコストが爆発的に増えるのかな?

 

技術が進化して表現できることが増えるとともに、受け止める側のハードルもものすごく上がって、自分の表現よりも相手の期待に答えることが優先になって。

応えるための時間が足りなくて、でも食わなければ死んでしまうから、とりあえず応えてたら数年経って。

 

現代芸アートはそういった問題を突き抜けたんだろうな。

「ついてこれないお前が悪い」って視点で突っ走ることで。

 

一つの答えだとは思うけど、よく分からん作品も多い。

意味わかんないものもあれば、気持ち悪いものも多い。

俺としてはあまり好きじゃない作品が多いかな、もてはやされているものでも。

ベクシンスキーは好き。キモイけど。……これも現代アートなのか?

 

古臭くってダサいのかもしれないけれど、俺は幻想的でキレイな絵が好きだな。

奇抜さなんてどうでもいい。

 

そういう方向性で、ファミコンスーファミぐらいの素直に楽しいゲームの音楽、ビジュアルってのが好きだ。

自分の好きなものを、各々が最大限に発揮できているように思える。

そういうのを受け取るこちらもちょうどいい年代だった。

 

プレステは2くらいまでやって、楽しいゲームもあった。

でも声優がつくゲームは俺にとってゲームじゃない。そういうのは映画だけでいいんだ。

声優付きで唯一アリだと思ったのはミンサガくらいだ。

あれはやりたいことを結構突き抜けてやってた感じ。河津秋敏はそういうとこあるよね。大好きなんだが、彼のせいで痛い目を見たキッズも多い罪深き人だ。

 

 

昔、親が言っていた。

「漫画は画面を強制的に押し付ける。それが嫌だ。自分で考える余地を奪われる。小説は自分で画面を想像する。それがいいんだ」

 

俺は漫画世代だし、でも小説も好きだし、親の言い分もわかれば漫画の気楽さも大好きだ。蒼天航路とか気持ちよくて最高に好きだし、宮城谷昌光さんの『孟嘗君』に出てくる白圭のかっこよさは俺の脳内で完結されている。

 

そういう俺が理解できない『声優つきゲーム』が標準になっている今は、すでに次世代に突入しているんだろうな。

 

 

思えば、文学も映画も、時代時代で散々「落ちぶれた」「後退した」って言われ続け、新しい文化に蹂躙されそうになりつつ、節目節目ですごい作品を供給し続けている。

のかもしれない。

成熟した文化っていうのはそういうものかもしれない。

 

そういう意味では、ゲームもそんな領域に入りつつあるのかな?もしくは本当に後退しつつあるのかな?

 

 

 

と、任天堂スイッチとやらを買う衝動をとうの昔に失った中年オヤジが書いているブログがこちらです

 

 

 

 

期ー衝ー動ーにーー魅せーーらーれてー

社内サーバー管理者とは

会社 サーバー

またやっちまった。

 

会社のリーダー会議で、ある先輩リーダー(セキュリティ委員)から提案。

 

「管理者の決まっていない社内共有サーバーが1つあります。現状、みんなで管理することが前提になっていますが、セキュリティ上、社員のだれもがログイン出来るというのはよくない。と思われましたので、ぺっぺけぺが統括する委員会に管理者になって欲しいと」

 

「ちょっと待て。管理って何するところまで含んでいる(んですか)」

 

「セキュリティ委員的にはログインユーザーを管理者のみに絞るなど」

 

「待て。一般的に『管理者』って壊れた時に直す責任もふつうは負うと思うんだが(ですが)」

 

「いや、そこまでの責任は考えてない」

 

「考えなくてどうする、じゃ壊れた時に直さなくていいのか」

 

「いや、そういうわけじゃなく」

 

「この共有サーバーってVMホストで、その上に各々のゲストマシンが乗っているわけだが、その管理は。ログイン出来なきゃ起動も出来んだろ」

 

「じゃ、その役割も」

 

「じゃ、じゃない。セキュリティ的に何が問題なのか、まずそこをはっきりさせる。

その上で解決するにはこうする、発生する弊害やコストはココが負担を負う、そこまでフローを考えてから発案しろください」

 

「……言いたいことが伝わらなかったのはこちらが悪いかもしれないけど」

 

伝わらなかったじゃねえ、考え浅すぎんだろが、丸投げしたいだけじゃねえのかぁぁぁぁああぁあっっっぁあ

 

 

とまあ、さっさか引き受けりゃいいものを、気に食わなかったもんだからメールで不明点(文句)を役員込みでブン投げた後、全社員の前でパイセン社員に噛み付いてしまった。

何だこの出戻り37歳(今年で38歳)

 

 

部長(セキュリティ委員顧問)は、噛み付いている俺と噛みつかれているパイセンの様子を少し見に来たが、仲裁する価値なしと思ったのか何も言わずさっさと引き上げていった。スマヌ部長。

 

 

去年、会社から裏切られたと感じてからのもの、あまり良くない噛みつきぐせがついたなあ。

 

ぶっちゃけサーバー管理しろと言われたところで、サーバー壊れた時に忙しけりゃ逆ギレして「待ってろオメーら」「あーHD死にました諦めてくださいハハッ」って言うくらいの不良社員だし、できないことじゃないっちゃない。

 

でもな、悪気もなく、ロクに調査もせず、どんだけの負荷を負うことになるかもわからずに丸投げしてくるような輩の言うことを聞いていたら、去年のクソ残業地獄をまた繰り返すだけなんだよ。

 

というわけで管理者はケンカを売って拒否。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーナス間際だったきゃああああああああああああああ

Googleの広告への願い

Googleの広告配信停止希望の理由に、「この広告を見るとなぜか腹が立つ」を加えてほしい

 

 

 

 

 


大げさな人間の表情が苦手です

吾妻ひでお氏

吾妻ひでお 失踪日記 アル中病棟

吾妻ひでお氏の「失踪日記」と「アル中病棟」を買って読んだ。

 

なんかところどころで引用されていたので気になっていた。

結構前に発行された本なので、ブックオフあたりにあるかな?と思って回ってみたけど、藤沢あたりのブックオフには全然なかった。

 

池袋のジュンク堂行くかなと思ったけど、藤沢にもジュンク堂あるじゃねーか!!

行ったらあっさり見つけたので購入。

zip?シラネ

 

自分がわりかし酒飲みなので、酒飲みの書く本に惹かれてしまうところがある。

中島らもとかね。

 

「最近は中島らもとか読んでまs」「中島らも?お前あんなもん読んでるのか、やめとけ、あんなロクでもないもん」

数年前にした、部長との会話。

ある意味、正しいお言葉だと思う。

そんなロクな内容じゃないものに惹かれる凡人もいるんですわ。

中島らも氏の本はまあいろいろあるけど、楽しいものは純粋に楽しいよ、頭の回転は早そうだし「オー暴走してんな」「またこの話か」「あぁまたこのはなs」etc

 

今回の吾妻ひでお氏の漫画の内容を見て、俺みたいに内臓が弱い(深酒したら次の日にはウエーっとなって連続飲酒できない、と思っている)人間でも、連続飲酒に陥る可能性はあるかもなあってちょっと怖くなった。

 

怖いとか怖くないとか関係なく、酒に逃げることは結構あるから。

 

 

 

しかし吾妻ひでお氏は絵がうまいなあ。漫画家だから当然だけど。

手塚治虫氏や藤子不二雄氏は言うに及ばず、桜玉吉氏とか西原絵理子氏も何というか見ていて楽しい絵をお描きになられる。まれによくダークだけど。

なんというか、一枚絵も漫画全体も楽しくさせてくれるんだよなあ。んで安定感があってほっとする。なんだろうなこれは。

 

そういう漫画が好きでござる

働きたくないでござる

ニンニン

おもいでのケータイ

携帯 P201

auのお題で『おもいでのケータイ』らしい。

 

大学の途中までポケベルだったなあ。

その後、オヤジがドコモの携帯を「コレ使うか?」と持ってきてくれた。

Pシリーズの古いやつ。P201だったかな?

 

電池パックが特別仕様ででけえ。携帯の2倍くらいの厚さがある。携帯が立つ。

バイブにしておいて立たせておくと、着信があると「ブルルルルッ!ブルルルルッ!」ってごとに立ったまま少しずつ回る。友達大爆笑。俺も大爆笑。

 

壊れるまで使ったな。ありがとうオヤジ殿。

 

sponsored by KDDI

青空の下でお手伝い

桜の木 剪定 栗の木

実家の庭の剪定を手伝いに行った。

姉の旦那さんは庭師。定期的に実家の庭の木を剪定してくれる。

 

先週のはじめくらいに、姉から「日曜ヒマ?暇なら手伝って。お父さん、手が最近アレだから」と言われ、予定がなかったので行った。

 

道路にはみ出てしまっている栗の木と桜の木の枝を、たまにチェーンソーも使いつつ義兄がバッサンバッサン切って落としていく。

チェーンソのエンジンをかける仕草、超カッコイイ

あれだ、あの引っ張るヤツ

超カッコイイ

 

俺がやることと言えば、落とされた枝のマタになっているところを剪定ばさみやノコギリで切りながら、一本の枝にして積みやすいかたちにすること。

切ったすぐの枝は水分を含んでいるから剪定ばさみでもけっこう簡単に切れる。

直径2cmを超えるような枝は、剪定ばさみだと手がマッハなのでノコギリをつかう。

 

実家は薪ストーブなので、剪定した枝は1年ほど乾燥させたあと、薪として使用する。

太いヤーツはオヤジ(69)が丸のこで適当な長さに切り分け、細いヤーツは俺が剪定ばさみで暖炉に入る長さに切ってダンボールに詰めていく。

 

超おもしれえ。

 

久々に青空の下で手伝いをしたが、やはり気持ちいいねー。

昔は薪割りや運びの手伝いをしたが、中学くらいから部活なんかを理由に手伝いをあまりしなくなり、そのまま就職。実質、20年以上ぶりの手伝いだった。

 

なんか申し訳ないやらもったいないやら。とか考えてたらノコで手をやっちまった。

どんだけ鈍ってんだこのニブチンがあ

痛さと血の量から、まあ浅いなと思ったので気にせず続行。

気づくと軍手が鮮血に染まっていたので休憩時に絆創膏もらいました。

 

栗の木はだいたい片付いたが、桜の木の枝はタイムアップ。

切った枝は、歩ける道を避けるように適当に積んで、今日の作業は終了。

あとはオヤジがゆっくりやるとのこと。

 

何日もかかる仕事が出来て助かったと感謝され、義兄も「3人いるとスピードが違う」と言っていただけて、承認欲求の530000%をクリアさせていただいたような心持ち。

(過大評価だとしても)目の前の人から素直な喜びを伝えていただけることってのは幸せだな。

 

サクラ切るバカ、という言葉があるが、実際切ってもいいものなのか?

義兄に聞いたら、

 

・桜は切った口をカバーする速度が遅く、そこから水が入って腐りやすい

・だが切らなければ切らないで、自重に耐えきれずに折れたりしてそこから腐る

 なので適切に剪定し、切り口にボンドみたいなものを塗って水の侵入を防ぐ

 なんならペンキでもいい

・東北などは、桜の剪定の常識がこちらとは全然ちがう

 何もしない場合、雪が積もるとすぐ折れて腐ってしまうからガンガン行く

 

などと教えてくれた。なるほどネー

なおその他にも「剪定ばさみを使う場合、斜めに切ったほうが切りやすい」といった情報をオヤジづてに教示いただいた。オヤジも義兄から聞いて目からうろこだったらしい。

普通は切断面積が広くなるほうが切りにくそうなもんだが、あら不思議、斜めのほうがぜんぜん楽チン。理由は聞いてないからわからないが、さすが職人様だ。

一日作業だったが、本当に楽しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在右手が痛すぎて雨だれ式タイピング中

また呼んでくださいとメールをうちました。

NBOX

NBOX

NBOXいいねえ!毎日乗ってる!

 

夜、暇だと飲んでしまうことが度々だけど、車が来てからは乗れなくなるので酒を控えるようになったのも思わぬ副作用。いいんじゃないか。

 

納車されるまで結構Webでの評判とかを見ていて、一部不安になるような内容もあったけど、手に入れてからは全く文句なし。まあアレだ、アイドリングストップはご愛嬌だ。

 

Webで見た不安材料に対し、実際に乗った時の感想。

 

アイドリングストップ頭わりい

確かに気になる時は気になる。

下り坂などでのポンピングブレーキで止まったりかかったりを繰り返してしまうのはちょっと不安。

前にも書いたが、FitかVitsかの普通車をレンタカーで借りた時は感じなかったから、何らかの差があるんだろうな。振動か、コンピュータの頭の良さか、軽のエンジンの限界か。

ま、乗っていればどのタイミングでストップするかわかってくるんで、運転技術向上で十分フォローできる範囲だと思われる。つまり今、俺は運転がHETA!!

ターボ車であればエンブレ操作も可能なので、そのあたりも含めてうまくやるといい気がする。

慣れれば好きな時に止められるようになるし、止まってほしくない時はECON切ればいいだけ。

面倒な人にとっては面倒かもね。

 

■ カーブ時のロール

アクティのほうが凄いぜ!!

そもそも背が高く、速度が出ている状態での急カーブを得意とする車種じゃないので、丁寧な運転を心がけりゃまあ問題ないべ。

といっても、ずっしりした普通車に乗り慣れている人からすれば気になるのは当然、のレベル。そういう人はステップワゴン買えばいいと思うよ。

 

■ パワー

ターボ買ったせいか、俺は気にならないなあ。十分すぎる。

あでも、坂道で加速したい時、低速~中速までは少々もったりを感じる。その後はターボを感じるのでぐんぐん行くけどな。

坂道の多い藤沢~茅ヶ崎(文教あたり)でも全然苦じゃなかった。
大学時代のアクティ(貨物仕様のMT4WD)なんてウィィィッィィィィン(速度は遅い)だったぜ!いい車だったけどな!

 

■ ハンドルの遊びが少ない

これはまだ分からん。高速乗ってないから。

新道の出入り口で結構早いスピード出したけど、俺はそこまで感じなかった。

まー普通車の経験が少なく、軽に慣れているからかも知れないけど。

軽に高速域での安定性を求めること自体がたぶん無理ゲー。

丁寧に乗りましょう。

 

■ サイドミラー下部の広角具合

慣れるしかない

コメダ珈琲の駐車場に停めたら、初心者並みに斜めになってて友達に笑われたZE!!

駐車は車ごとの勘によるところが大きいんで、1週間くらいで慣れる。

線と平行に動くためにはどの時点で確認をすればいいか、2,3回駐車時に意識すれば憶えます。カーナビ画面に頼るとダメね。感覚が養えない。

 

■ エンジン始動ボタンが左側

久々の車のせいか、全く抵抗なく受け入れてしまっていた。

みんななぜそんなに気にするのか、その感覚が逆にわからなくなってしまっている。

気になりすぎる人は、半年くらい車の運転をしなければいいと思うよ。

 

■ 軽は事故った時に云々

事故るな

てのはもらい事故もあるのでアレだけど、究極を言うと戦車になっちゃうからなあ。

普通車でも高速や産業道路でトラックとアレしたらア・レしちゃう可能性は否めないので、極力事故らないようにするしかない。

軽だって加速すりゃそれなりにスピードは出るし、安定性は上記の通りだろうし、装甲がペラペラってのはその通り。極限まで重量を抑えているハズなのでね。

でも考えようによれば、車幅は小さいし、こする可能性は初心者でも少ないと思う。

ドアパンチも食らう可能性は普通車より少ない。

ハイエースもステップワゴンもセルシオも運転したことあるけど、狭い道だと超こえーよ。それにくらべりゃなあ。

スピードを出しすぎず、もらい事故をしないように祈りましょう。

 

 

その他、エンジンの耐久力なんかは長く乗らないとわからないけど、Web上ではネガティブな意見はそんなに見なかったな。

今時の車であれば、エンジン故障よりも事故での破損のほうが多そうなイメージ。

細かい性能を挙げ連ねていったら,最上級クラスの車しか選択肢がなくなるしな。

全体で見れば悪くないよ、いやむしろ全然いいよNBOX。

納車待ちの人は楽しみにして待つといい。

 

 

 

 

よし、明日はヤビツ峠にでも行ってくるか。

 

 

一人で。。。