ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

映画館行くの久々かも

レディ・プレイヤー1を観てきた

 

ちょっと観ておこう、と思い、レイトショーで。

5時過ぎにネット予約してもエグゼクティブシート以外がら空きとか、日曜の夜は最高だね!ビバ湘南

 

 

テラスモール、リニューアルしたばっかでつぶれなきゃいいけど

 

 

スピルバーグすごいね

よくこんないろいろ使えたもんだ

調べたりしてないんで、版権関係で金どれだけかかってるかなんてわからないけど、『スピルバーグなら』でイケた部分もあるんじゃないかなーと思うぐらいいろいろ出てたし。

にわかオタクだから、全体の20%も分かってないと思うけど。

 

娯楽としてまとまってて、カタルシスもしっかり。

暗くなりがちなところも引きずらずにだが有効利用とか、この監督すごいな。

 

出てくるアイテムが洋ゲーっぽいとこ良い。

と思わせて、日本のゲーム・映画のアレもかなりメインに近いとこまで使ってるのがなんともかんとも。

オマージュだらけとのことだが、俺は言われなきゃわからないくらいの浅い知識しかもっとらん

 

全然文句なく面白い映画だった。

でも一回でいいかな?と思ってしまうのは、知っているキャラが出ているだけで喜べるほど、俺の心が純粋なナードじゃなくなったからなのか。

リュウもホンダも見つけられなかったけど、もう一度探しに行く気にはなれないかなー

 

 

 

メリーに首ったけ」の単語が出てきたときは良きかな良きかなと思ったけどね。

 

 

 

VR

 

この映画はVRが前提になっている世界を描いていたけど、その技術がなんというか現実のかなり近い場所での延長だった。出来るところはアナログ、という点。

全方向ランニングマシンとか、健康に良さそう

 

原作があり、それに合わせての設定なんだろうけど、そこがちょっと考えさせられたかな。

ゴーグルつけて、お金があれば仮想空間の出来事をフィードバックさせるスーツ着て……

 

もう十数年前だけど、船の設計をデジタルでしている会社に打ち合わせに行った時、ゴーグル+グローブで仮想空間の船を歩けるソフトを体験させてもらったことがある。

あれは面白かった。手すりとか壁とか、グローブの抵抗で感じることが出来る。

体ごと行くと行けちゃうのでアレだったけどね。

今回の映画みたいにスーツとかあれば進ませないようにも出来たかも知れないね。

 

VRの一つの解だとは思うけど、もう一つの解としてマトリックス的な世界もあると思う。

簡単な言葉でいうと「夢の世界」

 

叶う希望といった意味ではなく、寝ている時に見るアレの世界。

 

剣道部でクソキツい稽古をしてたり、現実で超激務・超寝不足だった時、良く明晰夢を見てさらに倍率ドンで体の疲れが取れないことがよくあった。

目が覚めるまでなんでも思い通りの世界がそこにある。

 

非現実的な見たこともないキレイな景色(これが不思議で、「すごくきれい」という感想しか憶えておらず、再現できない)の中を、マリオワールドのマント飛行の感覚で飛び回れる。感触も現実のまま。違うこと=凝視すると不安定な視界。

だいたい飛べる夢の時はマリオワールドのマント飛行的感覚。なんだろうなこれ?

 

こいつを任意で操作する技術が実現できた場合、VRはそっち寄りに進む可能性もあるよなあ、なんて考える。

 

ゴーグル方面はすでに分かっている技術をさらに発展させる方向、夢の世界は未だに分かっていない・制御できないことを発見していく方向、さてどちらが先か。

 

 

どちらにしろ、ちゃんとしたリアルがあれば不要な可能性が大だけど。

ちゃんとしたリアルって、なかなかヌー

 

 

■ そいえば

 

小学校時代から、変な妄想をすることが多かった。

校庭で友だちと遊んでいる時、「もしかしたらこの世界は俺の想像上の世界で、現実では一人でワアワア遊んでいるのを周りの人が心配そうに見守っていたりする、そんなこともあるのかな?」とかよく思っていた。

 

別に悲観的な感傷ではなく、そうであっても俺には認識できんからまあしょうがないよね、ちょっと恥ずかしいけど、くらいに思っていた。

あとから突っ込まれても、出来るだけ恥ずかしくない行動しとこ、とか、そのときだけは思ったよね。

 

だいぶ時が経って、その時の彼女とマトリックスを観た時、彼女が

「現実が実はぜんぶ夢とか、こういう事考えられるのがスゴいよね―」的なことを言っていたけど、

俺ちいさい頃からずっと妄想でそういうこと考えていたんすけど変態かな?とちょっとムーとなったのを覚えている。

 

その彼女にはウワッキーを二回ほどされたので半年足らずでバイバイしたっけ

やるなブライト

 

 

 

そんなことはどうでもいい

 

 

 

自分の望む世界に、チョロチョロっとPCなんかで設定するだけで入り込めるような技術が実現した時、どのくらいの人たちがその世界に入り浸ることになるかな?

とか、

設定したはずの世界が全然設定どおりに実現できない、その原因は……

とか、浅ーい考えで昔アンドロイド用のゲームを作ったことがあったなあ

 

思い出したので検索したら、2014年作成だって

100ダウンロードくらいだった

 

 

 

少ねえ

 

絵もヘタだしストーリーもアレなのでしょうがないが、当時は寝る時間を削りつつも、楽しんで作っただけに、ちょっとさみしいのはしょうがない。

 

 

 

それでも遊んでくれて、評価を書いてくれた人もいる(2人)。

くっそ嬉しいんだよな。厳しいこと書かれてていても(そんな厳しくない)。

もういっぺん作り直したいような、したくないような

 

 

 

 

 

 

 

「僕の作ったゲームで遊んでくれて、本当にありがとう」

影響されしい

忙しかったり、寝なきゃいけない時に限って

 

 

 

 

 

絵なり何なりやりたくなるこの現象、名前ありそうなもんだが

 

 

 

 

 

 

絵を描いていると、絵を仕事にしていた母親が言っていたことをちょくちょく思い出す

 

「最も暗い部分のとなりが最も明るい部分なのよ」

 

絵を描くときの話ではあるが、なんだか含蓄ある言葉にも思えてくる

なんじゃろな、つかれとるんだろか

 

 

 

 

明後日はまたつくばだ、明日は仕様書仕上げねば。

寝るべ!!

 

 

 

 

 

f:id:business_and_program:20180510022156p:plain

お前らどんだけ目眩

■ GW!GW!!!

 

ほぼ仕事だわ!

平均就寝時間だいたい3~5時だわ!!

ビバ社畜!!ビバワーカホリック!!!

 

■ そんななか

 

前から神社行きたいと訴えていた友がいた。

「えーずっと仕事なのかよ?せっかくのGWだぜ?

 満喫しようぜ?GW味わおうぜ?行こうぜ熱海?

 午前中に行ってぱっと帰ってくりゃいいじゃん?」

 

はじめは無理だヌと思っていたけど、3日に意外と仕事が進んだので

じゃ行くか、と連絡したら

 

「…ヴァー…熱さがらん…風邪だわ―

 え、行けるの?…ヴァー…オマエが行きたいならしょうがない、行くよ」

 

イオイオイオイオイ

 

無理するなと言うのに「お前が行きたいならしょうがない」という体で

決して引かないラオウのようなアイツ

 

まあそんなんだから30年以上親友なんだけどさ

面白いやつだ

オマエ行きたいんだろ

 

 

なわけで、行きたい行きたい言ってた来宮神社に。

9時寒川集合で行った。

 

西湘バイパス工事中で普段2車線が1車線になってるのね。

そこで第一の渋滞。

真鶴道路出口で第2の渋滞。

ビーチラインで第3の渋滞。

 

いつもなら1時間かからずに行ける熱海に

3時間以上かかる。昼かよ

 

はじめて行ったけど、そこまで広い神社ではないものの

とても綺麗なとこでした。

 

f:id:business_and_program:20180507212425j:plain

 

人はいたけど、めちゃめちゃ混んでるとまでは言えない感じ。

駐車場は一杯で、近くの小学校に駐めていいと言われたのでそのとおりに。

50mもない坂道がザ・熱海だった(超急勾配)

 

 

f:id:business_and_program:20180507212551j:plain

 

友は「竹林だ!竹林だな!!」と興奮。

キレイでしたね。たけのこは取れなそう。

 

いざお参りの時、ビーチラインでお金払うために小銭をすべて運転席に置いてきたことを思い出し、友に借りる。

「マジかよ(笑)」マジだこのやろうアリガト

 

我慢していたトイレットも済ませ、有名であるとの奥のくすのきへ。

 

f:id:business_and_program:20180507215759j:plain

f:id:business_and_program:20180507215809j:plain

f:id:business_and_program:20180507215807j:plain

 

樹齢2000年て。。。

ミレニアムくすのき。

凄く凄かった。

 

「周りをぐるっと廻るんだが、その時に声出しちゃいけねんだ」

 

と言う友に従い、黙って順路へ。

 

周りの人めっちゃ喋ってる。

 

途中、「五色の社」という看板があったので、友とともにおもむろに向かう。

 

茶室だった。

 

おもむろに離れる。

 

周りを廻り終わった後

 

「茶室じゃねーか」

 

「笑いそうになったわ」

 

途中に茶室への道があるのに、話しちゃいけないってホントかね?

 

 

最後におみくじを引いたら大吉!!やったね!!

 

 

恋愛…今の人!それが最善!!GOGO!!

 

 

 

 

 

いないんスけど

 

 

 

 

 

次にその様になった人ということっすね畏まりましたポジティブに受け止めますあざっす

 

 

 

いやでも仕事も結構なアレだったので

「今の調子で頑張れ!」と言っていただけたみたいで、

活力をもらえたのはとても良かった。

感謝をして帰路へ。

 

 

帰りは有料道路スイスイで1時間足らずで平塚までこれた。

同じ日、W姉夫婦と片方の父上母上が実家に来ているのを知っていたので、

シルスマリアでケーキを買って実家へ。

 

9時出発で熱海に行ってきたと言ったら姉が

「それは遅いわ…」

 

デスヨネ

 

ステキなGW唯一の休日だった

 

■ 結局

 

鬼束ちひろの最近のアルバムを買っちまった

なんつーかやっぱこういう声のほうがいいな

 

途中あんなふうになったのに、やっぱりこういうふうにも歌えるんだなとちょっと驚く。

 

6/8の歌をメインに持ってきているのがとても良い。

好きなんだ6/8のリズム。

 

えーべっくすのだれかが「日本では6/8は売れない」と言って、

FF10-2のメインテーマにケチつけたとかいう話を昔聞いたことがある。

 

ぶっちゃけ、FF10のメインテーマ(ザナルカンドにて?より?)より

音楽としてはFF10-2のヤーツのほうがよほど好きなんだが。

 

なおゲーム内容(ry

1日でこりゃアカンアワンと自動LvUPの機構作ってほっといてボスコロして売った

ベストエンディング?ナニソレ美味しいの?

ゲームで恋愛する趣味はない

 

 

 

確かにヘタな6/8の音楽もあるけど、リズムとしては気持ちいいと思うんだけどな

ポコポコした4/4も好きだし、テイクファイブも好きだけどさ(ドラム変態)

カシミールはライブ映像みたとき鳥肌立ったけどさ(やっぱドラム変態、ベースも変態、だいたいみんな変態)

 

 

安定感のある6/8は好きだな

 

 

 

■ なわけで、ドライブ中

 

最近追加された鬼束ちひろがチョコチョコ流れていたわけだが、

友が「目眩は?目眩は入ってんの?」

「うん、ベストだから入ってるよ」

 

「目眩まだか?」

 

「ランダム再生だしねえ。んーじゃ鬼束以外とばすか…

 あー残念シャイン 

 

 あー残念嵐が丘

 

 あー残念ホタル

 

 あー残念流星g」

 

「ほんと入ってんのかよ、家ついちゃうよ」

 

しょーがないので友の家まで10分のとこで目眩を指定して再生。

ホクホク顔して帰っていった。

 

 

その次の日、寒川の友達に呼ばれたんで夜10時に車で寒川の飲み屋へ。

既婚者3人、未婚者2人。未婚者、俺と例の友。

俺は車なんでノンアルコールビール

 

30万以上のマンションを借りて愛人囲っている既婚者の話などを聞いて

人生はいろいろだねえと思いつつ解散。年収4,5千万とかよくわからん。

既婚者を一人、中央林間まで送迎。

 

 

鬼束ちひろがちらっと流れる。

 

「これ鬼束ちひろ?目眩入ってる??」

 

お前らどんだけ。

 

 

 

 

同じように鬼束以外スキップして「ほんとに入ってんのか」を通過して

直接指定してホクホク顔みて帰ってきたGWでした

 

 

 

 

 

 

 

 

その日も4時30分まで仕事

 

 

 

 

 

 

 

 

俺、今の仕事終わったら日曜休むんだ!!!

ああ、適度に暗い人間です

こんな時間までお仕事お仕事

7日の週に納品だけど、機能の半分くらいしか出来てねえ

 

まあなんとかなるべ

 

 

■ なんかの拍子で

 

久々に鬼束ちひろの歌を聴いた

 

はじめて聴いたのは大学くらいの時か

その頃はバイト仲間でお遊びバンドやってて、俺の車でよく移動してた

俺の車は事故ってところどころ減っこんでたが

貨物軽バンだったんで、機材運ぶのに都合が良かった

 

単に他のメンバーが車持ってなかったというのもある

てかそれしか無いが

 

 

バイト仲間が目ざとく、積んであった鬼束ちひろのCDを発見して

鬼束ちひろ聴くの?」とちょいとバカにしたような感じで

 

 

うっさいハゲ好きだったんじゃ月光とか目眩とか

 

 

「良いメロディーが好き」という人はたくさんいるけど、

その人にとってどんなメロディーが「良い」かなんてバラバラなのは当たり前として

一人の人間の「良い」にもいろいろあるんだよな

ロック・イットも好きだしオジーのペリー・メイスンも好きだ

Hideは最高だ 新曲まだ?

 

 

鬼束ちひろの「よくある日常的な嫌なこと」を

キレイなメロディーと詩に昇華させる能力は好きだ

 

育つ雑草は好きだけど、意図的だか声質を変えたときの歌は好きじゃない

 

まああれだ、程よく暗くてキレイな曲が好きな万年中二病なんだ、ゆるせ

 

 

 

 

 

2013までのベストを買ってしまった

 

 

 

なんか最近また昔の歌声にもどったらしいので

買おうかしらCD

 

 

 

 

 

 

 

ねむい

 

久々に

最近全然ブログ書いてないんで、たまには書いてみるか

 

■ お釣りを計算して支払うと嫌な人がいるらしい

 

600円の支払いに対し、1,100円をだすとイラッとする人(店員側)がいるみたい。

 

まあコントロールされるのが嫌な人なのかなあ。

払う方としては、612円とかに万券だすのは申し訳ない、って思っちゃう。

こっちの小銭も増えてアレだしね。

12円があれば出すし、112円があればやっぱり出す。

 

今はスイカあるからきっぷ買うこと殆どなくなったけど、きっぷ買ってた時は4桁を加減乗除で10にするアレ、あったよね?

よくやってたので、単純計算は好き。

 

612円に対して1200円出す時もあるけど、レジの人としてはいらつく人、嬉しい人、どんくらいの割合なんだろうなあ

 

コンビニバイトしてた時は、渡す硬貨が少ないほうが楽だったと思うんだけど、そのころは確かにそういう人は少なかったかも……20年以上前なんでよくおぼえとらんのだけど。

 

むずかしいわ

 

 

バグダッドカフェを観た

 

平塚の映画館でちょっとの間リバイバル上映をしていたのだけど、気になりつつ観れなかった。

そんな数カ月後、ブックオフで見かけたので購入。

 

時代を感じつつ、でも映像がとても綺麗(※人による)、ストーリーは最終的にホッコリして後味はモヒョヒョだ

 

荒んだ心に染み入る

 

よし、どーしょもなくなったらバグダッド行くか(違う)

 

 

■ カブ

 

結婚もしないでこの歳まで生きていると、無駄に金が貯まる。

大きな事はできない、んだが眠らせといていいんだか、つー額。

 

というわけで、非常に少額だけど株ってみている。

 

ビビリなんで資産の10分の1以下を証券口座に入れ、その10分の1以下で取引してみた。

 

 

俺、昔からめっぽう博打に弱い。

 

大貧民では10回大富豪を守り抜いたあとに、一回100円を賭けることになった後に10連敗。

先輩の子供(小学生低学年)相手に泣きそうになる

 

 

麻雀では通算数十万くらい友達にあげてるんじゃないか

やだなあふぃくしょんですよかけまーじゃんなんてしてませんよ

 

楽勝で勝てる勝負(例えば剣道で格下の相手)でも、金がかかると一方的にアウツ。

FXは10年前くらい、100万を90万に減らして己を再認識したのでさっさと手を引いた。

 

 

なので投資とかには向いてないことは重々分かってんだけどね。

 

 

まあ身を持ち崩さない程度=資産の100分の一と考えて、せっかくだし勉強と思ってやっている。

 

ビビリだからETFと今の顧客で調子の良さそうなところの株を最低単元で。

 

 

 

さてどうなることやら。

 

 

■ 仕事

 

ヤベエヨ…ヤベエヨ……

 

スケジュールの遅れを気にしたお客さんの上の方の人と打ち合わせ。

喧嘩する気など毛頭なく、ただこちらからも担当者のヤヴァさをお伝えしたいと思っていた矢先だったので、バイヤーさんと共に客先へ伺う。

 

さすがに大会社の部長レベルということで、とても聡明な方だった。

今までの感覚として、それなりの会社の上の方の人は、それなりの人が多い。

たまにキレッキレでこちらがボコボコにされることもあるけど。そういうときはマジ泣きたくなる。

 

今回はそんなこともなく、こちらの言い分をすべて聞いてはくれた。

かといって自分側の担当者を貶めること無く、妙な攻撃をされることもなく、しかし社としての全体スケジュール遅延は許されないことを前提としてこちらに協力を求めてくるところなど、見習うべきところは多いヌ

 

 

 

いやマジ担当者…!!!

 

 

 

いい人なんだyp!

だけどムリ、本業じゃないソフトウェア開発の担当者にさせられて、且つ新商品の開発も一緒にやって、週3日と自分の席にいられないような人を責任者代理にしないで!!

群馬行かないで!!!

 

それまで何度もソフトウェア開発担当者やってたってんならまだいいけど、まるっきり素人なの!!

どんな資料を出せばソフトウェア開発できるかぜんっぜん分かってない人なの!!

 

「対応したい形状の全種類をおしえてください」

「これで全部です」

「設計しました、これでいいですね!!」

「いいです!!」

「作りました!!」

「あ、やっぱりこれも必要です」

「……追加費用が必要です(出ない)」

 

✕ 10件以上はあと

 

 

そら問題になるわ

 

 

……でもそれなりに21時過ぎに資料出してくれるし、努力はしてくれているので、こちらの指示ミスかなあ、とかも考えちゃうんだけどね……

 

 

 

先々週辺りに実家で親父と飲んでそんなことを愚痴ったら、ワキにいた母親が

 

「アンタそれが相手の手口よ」

 

 

 

母は流石だわ