読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

お茶とオカルト

ボッサム「なんか変なものが見えるんだけど何だこりゃ?」

のまじ「それはもう一つの世界、魂の方の世界の存在」

ボッサム「なにそれ?あれ、コイツさわれない」

のまじ「そいつには肉体では触れない、こっちにはいないから」

ボッサム「のまじ言ってることわからない」

のまじ「人間は肉体と魂で出来ていて、魂はエネルギーのようなものと意識で出来ている、本当はもう少し細かく別れるけど」

ボッサム「ふむふむ」

のまじ「魂は本来、こっちの世界の存在じゃないけど、肉体に結びついているときだけこっちの世界にとどまれる、それが君や私」

ボッサム「ほうほう」

のまじ「肉体がなくなって魂だけになると、じきにこの世界に重なっている別の世界に移動する、そこは物質のない世界」

ボッサム「じゃ、この変なものはそっちの存在っていうこと?」

のまじ「そう」

ボッサム「へえ、なんで俺こんなの見えてんの?」

のまじ「あなた今、体調くずしてるでしょう、肉体と魂の結びつきが弱まってる」

ボッサム「うへえまじか」

のまじ「家でゆっくり休みなさいよ、そんなの見えている状態はいいことじゃない」

ボッサム「でもさ、みんなそう言うじゃない、見えてないほうが幸せとかなんとか。のまじは昔から見えてるの?」

のまじ「私はそういう家系だから」

ボッサム「なんで見えちゃマズいんだ?」

のまじ「そもそも、魂がこっちの世界にあることは、状態的には不自然な状態。意味があってこっち側に来ているんだけど」

ボッサム「へえ」

のまじ「それなのに、そっちの世界のものが見えるってことは、魂がそっちに引き寄せられて、こっちの世界から離れつつある状態なの」

ボッサム「死ぬってことか?」

のまじ「離れつつあっても、または一時的に離れたとしても、また肉体にひっつくことがあればもとに戻る」

ボッサム「ほう」

のまじ「でも、意識の一部が戻らなかったりすれば、それは困ったことになる」

ボッサム「例えば?」

のまじ「魂が不完全な状態だと、人とは基準が変わってしまう。サイコパスとかきいたことあるでしょう」

ボッサム「あれ、魂が不完全だからなのか?」

のまじ「全部じゃない、それが原因の場合もあるというだけ。その他にも、意識が全て向こうに行けば植物状態になるし、魂そのものがむこうに帰れば肉体はもちろん死ぬ」

ボッサム「マジかよ」

のまじ「いやでしょうそんなの。あなたはそんなことしたくてこっちに来たわけじゃないんだから」

ボッサム「そうなのか、よくわからん、でもなんかもっといろいろ知りたい」

のまじ「知ることも向こうの世界に近づくことなんだよ。変なものが見えてしまったというので最低限のことは教えたけど、これ以上は知らないほうがいい」

ボッサム「でものまじは知ってるんでしょ、大丈夫なんじゃないの?」

のまじ「私は戻ってくる方法を感覚で分かっている。これは生まれつきのものだから教えてなんとかなるもんじゃない。それでも、この力を持ってしまっているせいで、私は多分短命」

ボッサム「ぬう、気に入らん」

のまじ「あきらめて、忘れたほうがいい」

ボッサム「嫌だ、のまじが短命だなんて気に入らん。何とかせんかい」

のまじ「え」

ボッサム「もう向こうの世界のことなんて知りたがらん。俺は帰って寝る。のまじも帰って寝て長生きしろ」

のまじ「……うん、そうする」

 

 

など、電車移動中にオカルトサイトの記事読んでたら頭に浮かんだ

 

 

今日は楽しくお茶をしてきた。

ずっと楽しい日が続くことを望み、そのために頑張る。