読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

大事なものを踏めるかね

あまり意味のない雑記

 

あるまとめサイトで、天草四郎の話などを読んでいたんだが、その中で島原の信徒のことを

 

> 過激なカルト教祖

> キリストのレリーフを踏めないくらい心酔してる信者見て
> こいつらヤベェ・・・と感じた当時の一般人の感覚は現代の我々と同じ

 

という書き込みがあって、

「そうだよなあカルトだよな、今の自分に当てはめて考えれば、命と引き換えに『お前の尊敬する祖父の遺影を踏め』って言われたらそりゃふm……いや踏めないわ踏むぐらいなら死ぬわ」

と思った。

 

超絶尊敬する祖父でなくても、例えば日本に米軍がいきなり攻めてきてペロッと負けて、進駐軍天照大神の絵を差し出して「コレをフメレバ命タスケマース」とか言っても、踏む気にはならなそう。

感情的に、敵の命令に従う、ということだけでも抵抗感があるだろうし、その上、内容が屈辱的だったら、意地はるよな普通。

 

というわけで、

> キリストのレリーフを踏めないくらい心酔

とあるけど、踏めないほうが一般的なんじゃないかなあ?と思った次第。

 

まあ、元記事では全くスルーされてる発言だったのでどうでもいい内容なのかもしれなけどね。