読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺっぺけぺの雑記

くそったれプログラマの素晴らしきくそったれ



ほしいものリスト

人間に貴賎あり

プロブロガーで稼ぐ、といって新卒カードを捨ててフリーターになる人がいる。

 

「職業に貴賎なし」という言葉がある。
どんな仕事もそれを必要としている人がいて、どんな仕事も差別してはいけない、という意味合いだそうだ。

確かにその通り。職業に貴賎はないのだろう。

 

逆に、そんな感じでフリーターを満喫している人が
「正社員になるなんて、承認欲求を満たしたいだけ。会社員なんて時間の切り売り!俺みたいに自由に楽しめるほうがウェイウェイ」
みたいな事を書いている記事を読んだ。

いやまあそうかもしれないけど、事更に会社員を恨む・馬鹿にするような内容を見てちょっと引いた。


で、少し考えさせられて、「職業に貴賎なし」という言葉を思い出したんだけど。
職業に貴賎はないが、人間に貴賎はあるな、と。


自分以外の人のことを、その人の気持ちになって考えられるかどうか。
その人のことを思った行動ができるかどうか。
これができる人はデキた人間だ、というのは皆異論はないと思う。

 

初めて社会に出たとき、勘の良い人は、集団で行う仕事は人間関係が一番重要だという事にすぐ気づく。
そして、人間関係の要は「相手が嬉しいと思うことをする」「相手が嫌がることを押し付けない」ということだと理解する。

 

その方法はいろいろ。
本当に、心底その人のことを思って行動する。
上辺だけ取り繕って行動する。
なるべく人間関係を築かない。

 

結果、いいように使われてしまう人もいるだろうし、狡猾に美味しいところだけ取っていく人もいるだろう。


ただ、そもそも人とコミュニケーションを取る場所にいないと、そんな感情さえ育たないと思うんだよな。
必要ないから。

会社員になるということは、よほど特殊な環境でもない限り、人間関係を構築せざるを得ない状況にブち込まれる。
そういう場所を避けてばかりいると、相手のことなど考えていない行動ばかりするようになってしまうのかなあ。
悪気もなく。


尻切れトンボだが、そんなことを考えてしまった。